yururi-furu’s blog

ゆるりと続けるフルコミ営業

大丈夫、二回できます(昨日妻が急性白血病になりました㊱)

 

骨髄移植は、白血球のタイプが6個合わ

ないとできません。

このときに血液型は関係ない。なぜなら

移植前に、強い抗がん剤放射線で、血

を造る細胞を壊してしまうから。そう、

血液を造れなくしてしまいます。

これはキツイ。

 

そして必ずではないんですが、この移植

を受けたあとに血液型が変わることもあ

ります。新しい骨髄によって、ドナーさ

んがもっていた血液型になる。

ちょっと驚き!

でも、だからといって、性格が変わるこ

とはないそうです。血液型が変わっても

同じ性格。すると血液型占いってなんな

んだろうと思ってしまう・・・・・。

 

trust-work.jimdosite.com

 

担当の H先生からは「骨髄バンク」への

登録と、妻の兄弟への協力を勧められま

した。

直前に調べて知ったのが、親族の白血球

が合う確率。なんとなく親子だと同じな

んじゃないかと思っていたんですが、前

回書いたように 1%しかありません。

親族の中で一番確率が高いのが、兄弟。

1/4の確率で一致します。

でも妻のように兄弟が二人いても、その

合計の確率は、約43%です。50%に

はならない。これは思ったより厳しい。

 

逆に意外だったのが、骨髄バンクさんの

登録者数です。

白血病の患者さんで、骨髄移植を待って

いる方の数は、だいたい2300人。こ

れは、+ー10%ぐらいの幅があります

が、ほとんど一定しています。

それに対して骨髄バンクさんへ登録され

ている方の数は、約47万人!

50万人を超えることすらあります。登

録できる年齢の上限は55歳なのに、こ

の数の多さ。

献血すらしたことがない僕にとっては、

信じられない数字です。

 

でもここで、妻の性格が出てしまいまし

た。兄弟には頼みたくないとのこと。そ

れは、移植のときに何かあったら申し訳

ない。

そして万が一、自分の後に兄弟が白血病

になったら、お互いに骨髄を提供できな

くなると思ったということです。

自分だけ助かるのは嫌だと言って、また

泣き出してしまった。

 

 

でも先生が、

「大丈夫。骨髄提供は、一生に二回まで

できます」

「安心して調べましょう」