yururi-furu’s blog

ゆるりと続けるフルコミ営業

骨髄移植は 500万円(昨日妻が急性白血病になりました㊳)

 

病院に来る前に、家で冷たいお茶を飲ん

でいました。2リットルの大きなペット

ボトルのお茶。

その残りがちょうど半分ぐらいでした。

つまり、それぐらいの骨髄を採取する。

 

採取するときに刺す注射は、そんなに痛

くないそうです。いや、そんなことは信

じられないのですが、看護師さんはそう

言っています。

 

(それって自分で経験しているの?)と

思ってしまう。

でもちょっと理解できたのは、刺すより

も採取するとき、骨髄を抜くときのほう

が痛みを感じるみたいです。

それは仕方がない。だって本当は、抜い

ちゃいけないものだもの。命にかかわる

部分。国語辞典によると「髄」とは、

「物事の中心となる最も大事なところ」

だそうです。

骨髄は骨の中にある最も大事なところ。

それを抜くとは・・・・・。

 

trust-work.jimdosite.com

 

しかも百回も注射する。

これを最初に聞いたときは、うつぶせに

なって全身麻酔で意識を失っているむき

出しの腰に、100本まとめて注射され

ているような、刺さっているような、変

なイメージを持ってしまいました。

それはおかしい、怖すぎる。

実際は、ボールペンの先ぐらいの太さの

注射を3ヶ所に刺して、そこから100

回抜きます。そう、会社の健康診断の、

採血のときみたいなイメージです。一本

注射して、そこから2~3回血を抜いて

いく感じ。

でもそれを、100回。3時間近くかか

ってやるとなると、全身麻酔でないと耐

えられない。想像しただけで無理です。

 

すごいなと思ったのは、骨髄バンクに登

録している人たち。当然このことの説明

を受けて、それでも登録してくれていま

す。本当にありがたい。

その人たちは白血球の検査も終えて、白

血球のタイプも分かっています。

1954年に発見された白血球のタイプ

ですが、それまではこれがあるのが分か

っていなかったため、この治療方法はあ

りませんでした。

 

 

最後に看護師さんから、

「限度額適用認定は申請されてますか」

 

本来骨髄移植には、最低でも300万。

最高だと、500万円もかかります。