yururi-furu’s blog

ゆるりと続けるフルコミ営業

血液型が変わるかも・・・(昨日妻が急性白血病になりました㉟)

 

もちろん白血病になったからといって、

必ずしも仕事ができなくなるわけではあ

りません。

抗がん剤での治療を続けながら仕事を頑

張っている人や、治療後に復帰する人は

たくさんいます。

特に希望となったのが、競泳の池江璃花

子さんです。10ヶ月もの闘病生活を経

て復帰しました。しかもオリンピックに

出場するまでになりました。

お医者さんからの治療方針説明のときに

聞いてみると、

「あれは考えられない」とのこと。

普通は、日常生活に戻るのがやっとな期

間だそうです。

ただ、骨髄移植を行うとなると、やはり

それなりに入院治療の時間がかかる。正

社員の場合は、病気のために長期の休み

も取れますが、パートの仕事だとそれは

なかなか難しい。

そのために今回は、仕事を辞めなければ

ならなくなりました。

もちろん本人は辞めたくはなかった。

 

trust-work.jimdosite.com

 

血液型と違い、白血球のタイプは複数あ

ります。これが適合するのを困難にして

いる理由。

まずはそのタイプ。それは、A座、B座、

C座、そしてDR座などと聞いたこともあ

りません。

この中の6つが合わないといけないんで

すが、それらのタイプを全部合わせると

何万通りにもなる。これだとすべてが合

うのは難しい。

 

ただ、希望が無いわけではありません。

それは兄弟です。

兄弟の場合、白血球が適合する確率は、

1/4。つまり兄弟が多いほど、その確

率が上がる。

妻には、お兄さんと弟さんがいます。

数学が苦手な僕は、

(これだと 50%じゃん!)と思った。

実際は違いますが・・・。

 

そして子供。

親子で白血球のタイプが適合する確率は

・・・・約3%。でもこれは少し条件が

あるので、本当のところは、1%です。

非血縁者よりはマシな程度。

でも、希望はゼロではない。10万人に

4人しかかからない病気になったぐらい

だから、何が可能性に繋がるかは分から

ないんです。

僕たちには子どもが3人いる。

やれることは全部やるしかない。

 

 

ちなみに血液型は合わなくても大丈夫。

そう、新しい骨髄によって、血液型が変

わるかもしれないから・・・・・。